褒められるのは最高に嬉しいが、承認欲求とはどう区別する?

 f:id:dongoros:20180213222007p:image

タイトルの問いに、自分で答えの出せないまま、今日はつらつらと文章を書いてみようと思います。

 

朝会社のPCを開くと、先輩からメールが返ってきていました。

先週末提出したパワーポイント、よくできてるね・素晴らしい!という内容でした。

問題を見つけてきてデータとって分類わけしてグラフにして考察もつけて、

人の手を借りながらも一通り自分の力でやり遂げることができたので、

完成したときの満足感も大きかったのです。

さらに話の筋も通っていて、はたから見てもわかりやすい!っていう自信もありました。

褒めてくれたその先輩は、あまり人を直接的に褒めたりしない先輩で、

さらにさらにデータ分析のスペシャリストなので、喜びもひとしお。

あとはこれをみんなに発表するんだ、みんなどんな顔をするだろうか、

どんなふうに行動が変わるだろうか、ドキドキしてなりません。

 

で、書いてて思ったのですが、私別に褒められたい!と思って、

パワーポイント作り始めたたわけじゃないんですよね。

褒められたのは結果として褒められたのであって。

私が欲しかったのは、「問題の解決」だったんだなぁ。

私の発表によって、みんなが問題の解決に向かってくれればそれが一番良い。

承認欲求を満たそうとして頑張っていたわけではなかったんだ。

なんだか、ホッとしています。

 

私は、小さいころから親に愛されたいと思って生きてきたと思います。

親は親で、親が子供の頃、私の祖父や祖母から愛されたいと思って生きてきたと思います。

(父方も母方も、祖父は亭主関白過ぎていたし、祖母はそれを支え過ぎていた、今思えばとてもよく似た夫婦たちだったな)

その満たされない連鎖を、私の代で断ち切れそうな気がしています。

おそらく私はその愛されたいというぽっかりと空いた穴を彼に埋めてほしいのだ、と気付いたのはつい最近のこと。

もっと褒めてほしい、できるのに時間のかかる私だからすぐに口出しせずに見守ってほしい。

とにかく「可愛い」と少しでも思ったら、口に出して伝えてほしい。

付き合って半年たったときに、私は彼にこのようなお願いをしていました。

子供のときに親にして欲しかったけど、自分で気付けなかったから言えなかったことだなぁって今ならわかります。

特に「可愛い」と伝えてくれるのは、本当に満たされます。

前にハムスターみたいに愛されたい、ハムスターっていてくれるだけで可愛いでしょ?

ハムスターが何かしてくれなくても、可愛くない、なんてならないでしょ?

っていうつぶやきかブログを見た気がしてますが、本当にそれ。

そうやって承認欲求が満たされると、私の小さな自己肯定感がなんとなくふわっとでてきて、

ようやく「楽しいからやりたい」っていう欲がでてくる気がしてます。

本当に自分が楽しいこと、率先してやりたいことに取り組めるような気がしてます。

楽しくてやって、振り返って、楽しくてやって、振り返って。

そうやってちょっとずつちょっとずつ、前進していければいいな。

もしも彼がいなくなったら・共通原語

 f:id:dongoros:20180212101522p:image

自分でもとんでもないタイトルをつけたな、と思っています。

私にとってとてもとても大切な彼。

でも、もしも彼とそんな日がきたなら。

いや生きている以上必ずそういう時はくるし、避けられようのないことなのだけれど。

だとしたらその前に記録として残さねば、

そのときのあの高揚感。幸福感。空気感。光、そして、匂い。

私は、大切な人との幸せなひとときをここに記したかったのかもしれない。

私の文章は有益なものでもなんでもないんだけれど、ただ幸福がここにはあった、

ということを記すために使わせていただくこともあるかと思います。

これからもよろしくお願い致します。

 

共通原語

仲良くなると、共通原語が増えていきませんか?

ふたりでいるときに、大爆笑したフレーズを、なんでもないときに口に出してまた笑い合う。みたいな。

特に私は、自分が面白い!と思った画像や文章や動画などはどんどん共有していきたい方で。

彼の運転中なんかは、おひろめの場の1つ。

先日はこちらの記事を勧めました。

バニラのにおいがするタイニーな女の子には勝てない - 真顔日記

こちらのブログタイトルは、aikoの二時頃という曲の歌詞からつけられたもので、

『バニラのにおいがするタイニーな女の子』という歌詞の1節に対して熱く書かれたもの。

私はaiko聴くけれどそこまでのファンではない、

けれどもこの記事を読んだ後猛烈に聴きたくなってくる…

もうとにかくこちらの記事を読んでほしいのです。それ以上言えない。

私なんて、彼はURLを貼り付けてもおそらく読まないだろうと思って、

でもこの面白さを伝えたくて、車の助手席でこの記事を音読までしました。

作者の気持ちを思うと、え、音読!?!???となるだろうし、驚かれるかもしれないけれど。

音読をし始め、『バニラのにおいがするタイニーな女の子』を連呼する私に対して、

彼は確実に戸惑っていたけれど。

バニラのにおいがするタイニーな女の子は最強!!!!!!!!!!!

と私も声を大にして言いたかったわけです。

敵わない。そんなにおいをふわりと漂わせる子には敵わない。

 

そしてその音読から数日後、シャワーして着替えた彼を抱きしめると、シャンプーのいい匂いがふわり。

私「シャンプーのいい匂いがする…」

彼「え、それって、今ぼくはバニラのにおいがするタイニーな女の子になってる?」

先日バニラのにおいがするタイニーな女の子を連呼する私に戸惑っていた彼が、

自分からぶっこんでくるとは…!

完敗です。

バニラの香りでもないし、タイニーでもないし(ムキムキ)、女の子でもない彼とのギャップに完敗。

しばらくは、いいにおい=バニラのにおいがするタイニーな女の子 が共通原語です。

逃げグセがついている、といわれたこと

f:id:dongoros:20180203000651p:image

逃げグセがついているよ、と言われたのは、彼からでした。

頑張ってもすぐに結果なんてでない。

でもやらなくちゃ結果なんてでないんだよ、と。

とっても穏やかな声と表情で言われました。

 

仕事でも、趣味でもきっとそうなんですよね。

楽しくて、楽しくて、ずっと楽しくて仕方ないなんてことはないんだろうな。

自分以外の他者と比べたり。

練習してもうまくできなくて悩んだり。

やりたいのに時間がとれなかったり。

自分、他人、環境、何かしらの壁にぶつかる。

それはきっと逃れようがないんだ。

もし、「楽しいことしかないよ!」という人が現れたなら、

本当は壁にぶつかってるかもしれないけれど、それを壁だと感じていないのか。

もしくはその先のもっともっと楽しい自分がイメージできていて、苦ではないのかもしれない。

 先輩も言ってたなぁ。できないことが楽しいって。

疑問に思ったことを、1つずつ解決していくことだと。

だからこそ、疑問に思うことや違和感に思うこと、

「気付く」そして「受け入れる」は大切なのだなぁと思います。

 

壇蜜「仕事に楽しさ求めない」と言い切る理由 | Womantype | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この記事を読んで、私は自分らしさを求めてくれる居場所を探していたんだなって思いました。

今の仕事は、自分に求められることが少なく、

じゃあ何のために仕事してるんだろう?私はただ座っているだけでいいの?

ってずっと疑問に思っているんです。

同じ時間を過ごしても得られるものが少ないのなら、もう辞めたいなと思うことも。

仕事を辞めるにしても、辞めないにしても、どちらにしろ辛ことはあるだろうなって今では思っています。

その辛さっていうのは、やってみないと、ぶつかってみないとわからないものごとだとも思うし、

今の仕事だって、続けてきたことが実を結んで別の何かに繋がるかもしれない。

どちらにしろ、自分で判断して、自分で決めなきゃいけない。

自分がどうなりたいか。

早起きが副産物

f:id:dongoros:20180131231318p:image 

やらなきゃ、って思っているのにできてないこと、ありませんか?

私にとってそれは、早寝早起きでした。

モーニングページを始めて早寝早起きができるようになった、気がしてます。

(いや、正確にはまだ発展途上、習慣とまではいっていないので気は抜けない)

今まで早寝早起きによるメリットが、本からネットから友達から先生から親から、

ありとあらゆる人から言われてきたのにも関わらず、私は今までできなかったのです。

一体なんでなんだろう?

 

モーニングページをやって思ったんです。

人間ってほぼ毎日失敗を繰り返しているにも関わらず、失敗した経験を全然次に活かせてないということに。

私のモーニングページは、毎朝昨日できなかったことのオンパレードでした。

9日目の今は、物事で変化が見えてきたり良い方向に進んでいきそうな兆しが見えてきましたが。

 

モーニングページをする前の私はどうして失敗を忘れちゃってたんだろう?と自分なりに考えてみました。

その結果、

1つ、失敗したことを、1日を過ごすことで忘れている。

2つ、失敗が繰り返されすぎて、それが「習慣」になっている。

習慣になるとなかなか抜け出せない。

3つ、習慣化されると、頭がそれを失敗と思えなくなる。

この3つが挙げられるんじゃないかと思いました。

 

そしてモーニングページで自分の気持ちや課題を書き出すことで、

頭が「できた・できない(やりたい・やりたくない)」を覚えているんですよね。

そのできた・できないが毎朝反芻されることで、「やらなきゃ」っていう思いが強くなったり

「やらないでいる理由」が潰されていったりしている気がします。

 

私がモーニングページを始めたのは決して早寝早起きを手に入れたかったわけではありません。

自分がこれからどうなりたいか、何を好きで何をしたいのか。

そういったことを明らかにしたいと思ったから。

あくまでも早寝早起きは副産物なんです。私にとってはとても大きな副産物。

大学生の頃から欲しかったものです笑

(よく大学の1限の授業に起きられなくて、単位を取り逃がしてしまったものです…)

 

モーニングページがこんなにも楽しいものだとは思いませんでした。

これからも続けていきたいと思います。

何も進まない日々に終止符を打っていきたい

 f:id:dongoros:20180127150739p:image

今年はひとりでいる時間を作って、やりたいことを消化することに目を向けていきたいと思っています。

重い腰を軽く。内面に対しては時間をとってじっくり向き合いたい。

 

何も進まないと感じるのは冬だから?

冬は本当に生きるのがしんどい。

雪国に住まう私は凍結した道をスリップしないようのろのろ怖々と仕事に向かい、

帰ってきたら、雪かき(もちろん毎日しているわけではないですが)。

そのあと用意してもらったご飯を食べて、足りないなと感じれば作り足し。

食器を片付けて、洗濯機回して、お風呂に入って、髪乾かして少しストレッチして洗濯物を干す。

冬は特に疲れやすく23時には寝る。

これら一連のことをやっているとあっという間に平日の夜が終わってしまいます。

最近は凍結して道もガタガタなので(デ○ズニーやU○J顔負けのアトラクションのよう)

夜にでかけるのが怖いため、ジムに行くこともなければ、買い物すら土日の日中に済まします。

閉塞!!!!!!!!!!

圧倒的閉塞感です!!!!!!!!!!!!!

家事やって終わりなんて悲しすぎる!

夜は寝つきが悪く、朝は寝起きが悪く、常にぼーっとしている感じ。

生きてるってなんだろう…

 

これではいけない、1日1日が何もできぬまま終わっていってしまう!と危機感を感じて

‪モーニングページを始めました。

 

今日で6日目くらいかな、飽き性の私が6日も、しかも朝の活動が続いているなんてすごい。

毎朝ベッドの上で書いているんですが、部屋の煩雑さ(床に物を置くクセがある)について

ずっとノートに書き続けている気がするんですよね笑

もう書きたくない!と思って今日重い腰をあげたら、掃除はものの1時間で終わりました。

やればできるじゃない!ありがとうモーニングページ。

これを契機に、いい習慣を取り入れつつ悪しき習慣とおさらばしていければいいなと思います。

やだなぁやだなぁと思っていても、案外さくっと終わったりして。

目標を立てて少しずつ取り組んでいけば、代わり映えしない毎日も少しずつ動いていくのかな。

そんな希望を持った土曜の朝でした。

最近挑戦したことはなんだった?

先日、バンフマウンテンフェスティバルに行ってきました。

 

私が特に印象深かったのはこれ。

 

Four Mums in a Boat: Friends Who Rowed 3000 Miles, Broke a World Record and Learnt a Lot About Life Along the Way

Four Mums in a Boat: Friends Who Rowed 3000 Miles, Broke a World Record and Learnt a Lot About Life Along the Way

 

 

40〜50代の家庭をもつママたちがボートコンペに出場する話。

アウトドア経験も特にない、フツーのママたちが、なんと3000マイル(4828キロ)もの道のりをボートで行くのです。

 

子供たち「ボートを始めて1ヶ月でそんな話になるなんて!(ありえない!と肩をすくめながらも楽しんでいる顔)」

パパたち「50日間のボートチャレンジなんてどうかしてる!でも彼女達にとってそれは夢なんだ、夢を持つのはいいことだ、僕たちも全力でサポートするよ!」

…なんて素敵な家族なんでしょう!

前にとある先生の講演会を聞きに行った時に、

「みなさんは今どんな夢を持っていますか?」と聞かれたことがあります。

「子供に夢を持て!という大人が夢を持っていない人が多いし、それではいけない。

どんな小さなことでも夢を持つべきだ!親の姿を見て子は育つよ。」

そんな講義でした。このママたちは本当に多くの人に夢と希望を与えたと思いますし、

周りの人も含めて、みんなが夢に対してとても前向きに捉えていますよね。素敵。

 

ゴールに向かう途中でオートパイロットの故障(舵の自動操縦システム、これが効かないと常に自分で舵を操らなければいけない)や、
飲み水を手漕ぎで作成することになったりといったトラブルに見舞われ、
休憩もままならない状態でボートの指揮もガクンと落ちてしまいます。

交代でずっとオールを漕ぎ続けて体はボロボロ、シャワーなどあるはずもない、波に揺れてお茶を沸かすこともままならない。
潮風や雨風、太陽にさらされ続けて60日ですもの、至極真っ当ですよね。

そのボートのリーダーママは、事前に家族から手紙を預かっていました。

「ママのその挑戦は偉大だ、諦めないで!」といった内容の大好きな家族からの激励の手紙。

愛する家族が自分を待っていてくれること、家族からの愛を受け取ったママたちは強いです。

そして無事、ゴールにたどり着くことができました!

家族やボートの仲間と抱き合う姿は本当に素敵でした!!!!

 

ママのボートコンペ出場のきっかけを話すシーンで

「私20年も同じ日々を繰り返してきたの、だから新しいことに挑戦してみたくなったの」

「今ではわかる、無謀だと思うことでも行動する、それを繰り返す、ただそれだけなんだって」

という言葉が印象的でした。

※覚書で書いているので、内容が違っていたらごめんなさい!

 

日々挑戦。それに尽きるのですね。別の誰かも言っていた気がする。

朝起きたら「新しい自分」になっていて、それが毎日続けば「全く違う自分」になっている、みたいな話。

楽しんで、やってみよう。映画に大変勇気付けられました。

スープは私を救う

f:id:dongoros:20171213213733p:image

朝目を覚ますと、頭が少し痛くなるくらい部屋の温度は下がっていて、

おやすみタイマーの切れたエアコンは静か。外は雪が降っているようです。

朝の6時だけど、鳥も鳴いておらず、窓から入る光もない。

夜のように暗く、静かな朝です。

そんな日はどうしても会社に行こうという気持ちが削がれ、気持ちも塞がりがち。

それでも家を出る時刻は刻一刻と迫っているので、無理やり体をベッドから引き剥がして朝をスタートさせる、そんな日々が最近続いていて、それがどうにも不快でした。

なんとなく体調もよくない。どうしたんだろう。

 

朝の自分を変えたいな、と思った時に目に入ったのは、フォローしていた有賀さんのツイッターのつぶやき。

にんじんスープ、美味しそうだなぁ。

なんとそのスープは、にんじんとお塩だけで作られるスープなんです。

とってもシンプル。そして作った皆さんが絶賛している。

一体どんな味なんだろう。

ということで前の晩に仕込んでおきました。

あとは翌朝起きて、このスープを温めるだけ。

美味しいスープがあれば、食いしん坊の私は起きるだろう。そんな願いを込めて。

そして今日、にんじんスープの待っている私はすっきりと起きることができました。笑

 

仕上がったスープは、にんじんのだいだい色が目に鮮やかで、まるでお日様のよう。

スープは透き通った黄金色。

じっくり火を通してほくほくに温まったにんじんは、おたまでも崩れてしまいそうに柔らかだから

赤ちゃんを扱うようにそっと掬ってあげる。

器によそったら、あとはスプーンでお口にに運ぶだけ。

ごくり、ごく。ごく。はむっはむ。

口から、喉から、胃から、じわ、じわ、と温かいスープが伝っていくのがわかります。

美味しくてスープをひとりじめしてしまいました笑

お砂糖やみりん入れたんだったかな?と思うくらい、黄金色のスープにはにんじんの甘みが広がっていて、

レシピを教えてくださった有賀さんだけでなく、おいしいにんじんを作ってくれた産地の方にも感謝したほど美味しい。

にんじん「だけ」しか食材は入っていないのに、にんじん「だけ」だと感じさせないんです。不思議。

 

その日、めでたく365日の目覚ましスープをKindleで購入しました。

 

365日のめざましスープ

365日のめざましスープ

 

 

今晩は「鶏肉とかぶブロッコリーのクリームスープ」。

かぶのおいしい季節ですね。しばらくスープがマイブームになりそうです。

食べることの楽しさを思い出してきました!